前へ
次へ

審美歯科とはどんなものなのか

審美歯科とは、一般的に歯や口元の美しさに焦点を当てた歯科治療の事をいいます。
歯科治療にはふたつの点があって、虫歯や歯周病を治す事やよく噛めるようにするといった機能的な側面と、白く形のいい歯にする事や歯並びを整えるといった美観の側面があります。
この両方を満たす、美しさという観点をプラスした歯科治療が審美歯科治療になります。
幼年期から青年期、老年期にかけてその年代に相応しい口元の健康美を求めていくことが必要です。
審美歯科で一番有名なのがホワイトニングです。
ホワイトニングは、コーヒーや紅茶による歯の着色を自分の歯を削ることなく安全に白くすることができます。
専用のホワイトニング剤を歯に塗ることで少しずつ歯を白くすることができ、歯科医院で行うものと自宅で行えるものがあります。
オールセラミッククラウンという物もあり、差し歯を作るとき保険治療で使われる物では時間が経つにつれて劣化してしまうのですが、セラミックであれば天然歯と見間違うほどの美しい仕上がりになります。

Page Top