前へ
次へ

審美歯科は見た目をきれいにする治療

審美歯科は見た目をきれいにするための治療です。
この見た目をきれいにする治療では歯の白さを追求するためのホワイトニングや歯並びをきれいにする歯列矯正治療などが該当します。
審美歯科ではこれらに加えて歯の治療で削れてしまった部分を補うためのオールセラミッククラウンやラミネートベニアやメタルボンド、そして究極は永久歯がだめになってしまった代替を果たす人工の歯をボルトで装着するインプラントも当てはまります。
このなかでホワイトニングなどは意図的に歯を白くできること、インプラントほど高額でもないことで、それなりの人気があり、都市部などではホワイトニングしか行わない専門のクリニックが登場しているくらいです。
しかし審美歯科を行おうとする場合のデメリットは保険がほとんど使えないという点です。
虫歯や歯周病などはそのまま放置していると歯がだめになるということで保険が使えますが、審美歯科の治療のほとんどは機能回復以上の見た目のきれいさを追い求めているという理由で却下されてしまいます。
またインプラントも保険が使える従来の安価な入れ歯で代替できるだろうという理由で却下されてしまいます。
保険治療ができないという点で自腹100パーセントとなり、インプラントなどだと治療内容次第では100万円を超えてしまうような大変高額な金額になってしまいます。

Page Top